ダイビングの聖地、タイのタオ島への行き方解説

LINEで送る
Pocket

ぼく「今タイにいるよー!」

友達「まじか!おれGWタイ行くから会おうぜ!!!」

ぼく「でも俺、バンコクじゃなくてタオ島って所にいるのよ。」

友達「え?どこそれ?」

 

既にこんなやりとりが何十回も行われました。
こうなったら、この記事にてタオ島の場所を詳しい行き方を徹底解説します!

これを見て、「タオ島行けそう!行ってみようかな」って思って頂ければ嬉しいです。

そもそもタイの場所

今更ですが、タイの場所です。
沖縄の遥か南です。暑いわけです。
周りをミャンマーやラオス、カンボジアに囲まれる東南アジアの中心ですね。

タオ島の場所

タイと言えばバンコク!
タオ島は、その南の方に位置しております。

この赤い丸を拡大したのが下の地図です。

この三つの島が有名です。
一つはパンガン島。最近若者の間でも有名なフルムーンパーティが毎月開催される場所です。

一番下にあるのがサムイ島。
こちらも最近多くの日本人が訪れるリゾート地です。

そしてタオ島。
日本人が訪れる数は一番少ないのでは?
島にも欧米人が中国人だらけです。休みが少なすぎて日本人に世界の旅行情報が浸透しておりません、、。

 

タオ島への行き方

バス

一番安くて、且つ楽な方法です。
問題は時間がかかってしまう事。

僕は今までこの方法を使い続けています。

ルートは以下の通り。

バンコクからチュムポーンと呼ばれる街に高速バスで向かい、そこから高速フェリーでタオ島に向かいます。

・どうやってバス・フェリーを手配するのか?
"ジョイントチケット"と呼ばれる、バスとフェリーがセットになったチケット買えば良いだけです。シンプル。

 

どこで買えるのか?

ロンプラヤ(Lomprayah)と言う会社のチケットを買えば間違いありません。
購入方法は二つ
1:ネット経由で買う
英語しかサイト表記がありません。
しかし、簡単な英語しか使われていないのでご安心を。
http://www.lomprayah.com/timetable
こちらからどうぞ!
2:現地で直接買う
カオサンストリートに店舗があります。

そこに行けば、問題なく購入可能です。
ギリギリになりそうな時は、事前にネットがオススメ!

タイムテーブルはこちら。
変わる事もあると思うので、事前にネットで調べるのがベスト。

僕はいつも21:00発を使っています。
そうすると、朝の5時くらいにチュムポーンの港に到着します。

こんな感じの桟橋のある場所に着きます。朝日が綺麗ですよ。
そこで1〜2時間フェリーを待って、ようやくフェリーに乗り込みます。

この港には広い屋根がついた受付所みたいになってて、そこにベンチがあったり売店がありますので休む事には困りません。
みんな座ったり、横になって待ちます。

皆がぞろぞろ動き始めたら、チケットを持ってカウンターで受付します。
バス乗車時に切られたチケットを無くさないように!
無くすと面倒い感じになりそうでした、、。他の人を見てただけですが僕は。

ようやくフェリーに乗り込めば、後は到着を待つのみです。

飛行機

この方法が最も移動が早いです!ただもちろんその分高くつきます。

ルートはこちら

バンコクから飛行機でサムイ島に向かい、そこからはバス移動と同じようにフェリーに乗ってサムイ島からタオ島に向かいます。

飛行機のタイムテーブルについて。

Bangkok Airways社から1時間1本以上の間隔で出ています。
Skyscanner(https://www.skyscanner.net/#)やmomondo(http://www.momondo.com/)で、自分のスケジュールにあった時間を見つけてみてください。

サムイ島からタオ島フェリーについて。

運行会社はロンプラヤ(Lomprayah)とシートラン(Seatran)。
タイムテーブルは以下の通り。(変更の可能性あるので、HPで事前チェック必須)

シートラン
Bangrak港
08:00
13:00
16:30

ロンプラヤ
Pralarn港(別名Menam港)
08:00
12:30
Nathon港(注意!)
11:15
17:00

選び方。

まず重要な事が、
空港から直接港へ向かう人はなるべくシートランのBangrak港発を選びましょう!

理由は簡単。
Bangrak港は空港から5分ほどの距離。
それに対して、Pralarn港が30分程、Nathon港が1時間程離れています。

 

 

飛行機が遅れたり、空港で少しトラブって時間に余裕がない場合も、シートランなら空港からすぐなので一番安心!

ただスケジュール的にロンプラヤのPralarn発が都合いい方は、それで全く問題ないと思います。

ただし、ロンプラヤのNathon発に関してはサムイ島でNathon港近辺に宿泊していた人くらいにしかメリットがありません。
空港から直接行きたい方は、間違って選ばないようにしましょう。

 

空港から港への行き方。

シートランの場合は、チケット予約時にピックアップタクシーも一緒に予約できます。
ロンプラヤの場合は、時間によって合ったり無かったりするそうです。

空港から港へのタクシーも出ています。
僕は一度これに乗りました。
ただこのタクシー、最初ぼったくり価格から始まった様な記憶があります、、。
なので一つのタクシーの話だけ聞かない様に!3人くらい最低価格聞いて、相場をみて良さそうな奴にのりましょう。

チケットの買い方

同じくオンライン、または現地です。
現地だと次の便が一杯で乗れない事もたまにあるみたいです。
特に毎月のフルムーンパーティ前後は、パンガン行きの人が一気に増えるため要注意。
確実なスケジュールで動きたい方はネットをお勧めします。
シートラン(https://www.seatrandiscovery.com/trip-schedules.html)
ロンプラヤ(http://www.lomprayah.com/)

毎年、12月25日(クリスマスパーティー) と 31日(カウントダウンパーティー)
そして2017年は1月12日、2月12日、3月12日、4月11日、5月11日、6月9日、7月10日、8月7日、9月5日、10月6日、11月3日、12月3日
がフルムーンパーティのスケジュールだそうです。
変更もあるので、検索して確認してみてください!

まとめ

これで何とかタオ島にこれそうでしょうか?
もし上記の様な事前に自分で準備する事が手間だなと思う人は、各ダイビングショップがフェリーの手配代行なんかもやってるみたいです。

値段は少し上がりますが、そういったサービスを使うと更に安心度は増すかもしれません。

是非タオ島に来てみてくださいね〜!

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。