カンクン旅行のベストシーズンはいつ?現地在住者が目的別に選んでみた

LINEで送る
Pocket

メキシコ在住ダイバーのやういちです。

日々多くの旅行者のお客様にダイビングをご案内させて頂いている中で
「カンクン旅行のベストシーズンはいつですか?」
と、ご質問頂く事が沢山あります。

確かに僕がメキシコの前に住んでいたタイのタオ島では、11月〜3月辺りまで海の透明度が5m程にまで落ちたり、水温がガクッと落ちる事がありました。

ですが、結論から言ってしまえば
「カンクン旅行はオールシーズン大丈夫!」
と言えるでしょう。

一応雨季(5月〜10月)と乾季(11月〜4月)がありますが、寒くても日本の春くらいの気候です。
半袖の上に一枚羽織って長ズボンであれば問題なし。雨季も雨は降りますがスコールの様な雨で、一日雨が降る日は少ないです。

以下が各月の降水量と気温の変化。

基本的に気温の大きな変化はありませんが、降水量が大きく変化します。
確かに僕がメキシコ生活を始めた9月はスコールが多かったですが、1日の夕方に1〜2時間降るだけです。スコール後に少し涼しくもなり快適です。

上のグラフは、以下のHISさんのデータを参考にして作成しました。

ただオールシーズン大丈夫と言っても、少しは気温や水温の変化があります。
そこで、旅行の目的別にオススメのシーズンを考えてみました。

カンクン旅行の時期を1年の中から選べる方であれば、目的に合わせて以下の時期に来られると更に良いかもしれません。
あなたの旅行時期選定ののご参考になれば嬉しいです。

海やセノーテでシュノーケル・ダイビングを満喫したい方

海を満喫したいのであれば、気温が高い4月〜9月をオススメします。
この時期は蒸し暑さもあり本当に暑いですから、海の気持ち良さも増します。

セノーテに関しては、難しい所。
11月〜2月までに関しては、寒い日に当たるとダイビングも結構寒いです。
ですが、逆に雨季は蚊が増えます。蒸し暑いジャングルの中の水場ですから、ものすごい量の蚊です。
なので、虫が嫌な人は乾季、寒いのが嫌な人は雨季をオススメします。
どっちも嫌だ!なんて人には、ピンポイントですが3月〜4月や10月であれば丁度いいかもしれません。

ただ、他の国の様に、劇的に海の透明度が落ちたり水温が低くてダイビング出来ない時期はありません。
特に透明度はほぼ一定と言って良い程。セノーテも同じです。

水温は若干上下があります。
雨季(5〜10月)は海の水温が30度を超える事もありますが、乾季の(11月〜4月)は水温が26度近くになる時もあります。
セノーテに関しては水温も全く一定です。

また、イスラムヘーレス沖でのジンベイザメシュノーケリングは6月〜8月、バショウカジキスノーケリングは1月〜3月、プラヤデルカルメンのブルシャークダイビングは12月〜1月中盤です。
年によって状況も変わるので、予約前に必ずダイビングショップに問い合わせてください。

遺跡巡りを楽しみたい方

乾季(11月〜4月)をオススメします。
雨季(5月〜10月)は日差しも強く、かなり蒸し暑いため遺跡巡りも大変です。

ただカンクン近辺でもっとも有名な遺跡「チェチェンイッツァ」では、年に2回春分の日と秋分の日に「ククルカンの降臨」という、遺跡内のピラミッドにマヤの神様の影が映し出される特別なイベントがあります。

春分の日と秋分の日は、年によって変わります。
興味のある方は、是非狙って行かれる事をオススメします。

オールインクルーシブホテルでリゾートを満喫したい方

基本的にどの時期でも気候が良いのでそこまで心配はありませんが、一応アメリカ人の一大バケーションシーズンである12月〜1月がもっともホテルが混み合う時期です。なので、ここを避ければ人が減りリラックスしやすいかもしれません。

またメキシコ人の休暇がある3月下旬〜4月中旬と夏の7~8月も少し混みます。

まとめ

基本的にオールシーズン楽しめる場所なので、そこまで時期に囚われる必要はありません。
ただ目的がはっきりしており、時期が選べる方には上記の時期をオススメします。
是非参考にしてみてください。

このブログではメキシコを中心とした旅行情報・海外移住情報やダイビング情報などを引き続き発信していきます。
もしご興味頂けそうであれば是非SNSのフォロー宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。