“やりたい事”を始めるべきタイミングとは?

LINEで送る
Pocket

「実は俺/私も今の仕事辞めて、〜を始めてみようと思ってるんだよね」

と、お客さんや友人から話される事があります。
特に僕がダイバーになってから急激に増えました。
"今がタイミングですよ!!"と背中を押してあげる事もあります。
しかし無計画にスタートを切ってしまうデメリットもあるのは事実。僕自身がそのデメリットに苦しめられる事も多々ありました。

じゃあ、いつ本当にやりたい事を始めるのがベストなんだ?
いくつか思いつくタイミングがありますので、各タイミングの良いところ悪いところを書き出してみました。
自分の性格に合わせて、是非ベストなタイミングを検討してみてください。

やりたい、と思ったその時

僕はこのパターンで、現状に至ります。
最近のライフハック系の記事ではこの主張がよくされています。

やはり、この選択肢の一番良い所は"今その瞬間を幸せに生きられる"事だと個人的に思います。
やりたい事をすぐにやる。人の意見も無視。何も我慢しない。
最高じゃないですか。
ただ人生そう甘くはありません。

この場合、多くの準備不足が懸念されます。
例えば"そうだ起業しよう!!"と思いついたその瞬間に、起業資金だったりメンバーだったりアイデアだったり必要なものがすべて揃ってる人がいるでしょうか?
僕もお金の準備不足のまま行動に移した所、やはりその準備不足だった事に現在苦しめられています。

この選択肢をとる場合、精神的タフさ・楽観性・行動力などが通常よりも要求されます。
計画通りに物事を進めたいタイプの人や、先の見えない将来に不安を感じるタイプの人には本当に向かないだろうと実体験を元に強く感じます...

不安やトラブルを楽しめる人、今すぐやりたい事をやってみてもいいかもしれません。

お金が溜まった時

多くの人が考える選択肢です。
やはりお金に余裕がある状態でスタートするのは、精神的にもだいぶ楽だと思います。
基本的に何か新しい事を始めると、予想よりお金がかかるもの。
そんな時に準備資金がしっかりあってくれれば、しばらくは安心しながら暮らせます。

この選択肢の問題点。
それは30代でも多くの人がずーっとこれを言い続けているという事実に付きます。
目標金額を明確に設定して、計画を立てて、そして厳しい日本のストレス社会にまみれながらも貯金を続けるという忍耐力が必要になります。
上記のどこかが欠け、延々とお金を言い訳に何もしない人が多いのが現状です。

計画性・忍耐力に長けている人はこの選択肢が良いかもしれません。

ある程度今の仕事に満足したら

このタイプの人は、現状の仕事が好きなイメージがあります。
なので、次の挑戦をまだ強く望んでいない人が多いのでしょう。

ただこの場合も"この仕事で、どこまで経験を得たら次に行くのかという境界線を持っておくと良いかもしれません。
これば僕のダイビングの仕事にも言える事です。書いてて強く思いました。

一旦決めた境界線に辿り着いたら、そこで一度人生を考え直す機会を設ける。
そうすれば、自分のコンフォートゾーンに浸かり続けるだけの人生にならずに済むかもしれません。

今の仕事で〜年以内にここまで頑張る、その挑戦が終われば迷わず次!
なんて流れが理想的かもしれません。

とりあえず3年働いたら

とりあえず3年働けば、日本の社会人の仲間入りです。
意味のない事にとりあえず従う事のできる、日本社会に耐えられる人間である事の証明の様な役割ですね。(その仕事を辞めたいのに続けている場合)

いつでもサラリーマンに復帰できる切符として、ある程度有効なのでしょう。波風立たない安定した人生をなるべく送りたい、と言う人にとっては重要な切符になるかもしれません。

ただもしその仕事が嫌いなら、3年を待つ間は地獄でしょう。
また僕の個人的な考えですが、3年社会人経験積んじゃうと"日本のサラリーマン"に身も心も仲間入りしてしまう気がします。
自分の人生の行き先はサラリーマンの延長にはないなと考えるのであれば、3年は必要ないと僕は感じます。

安定が人生の最優先の方以外は、あまりオススメしない選択肢です。

退職してから

昔親に"好きな事を仕事にしたい!"と相談した時に、こう言われました。
子供ながらにおかしいんじゃないかと思っていましたが、大人になってからも声を大にして言いたい。それはおかしいと。
だって、退職したらあなたすでに65だよ!もう今からプロダイバーになって世界を回るんだとか言えないよ。きっと新しい言語も覚えられないし、起業する仲間とかいないよ...

人生は国の発展に尽くす物だ、みたいな戦後教育の遺産がまだ残っているのでしょう。何かに尽くすと精神的にも悪い気はしないですし、そうしたいならそれもいいのかもしれません。
ただ本当にやりたい事ならば、退職なんて待ってたら後悔しても仕切れませんよ。

まとめ

すべての人にとってベストなタイミング、というのは存在しません。
その人のやりたい事、その人の人生設計や性格によって、その人のベストも変わってきます。

僕も退職前にどのタイミングが良いか迷いました。
忍耐力に欠け計画性がない僕は、どうしても資金が十分に貯まるまで待つというのは性に合いません。というか不可能です。お金使っちゃいます。
その代わり、僕は先の見えない将来を考えたり不安を楽しんだりするのが得意です。
なので、不完全な状態でも今始めちゃった方が良いと判断しました。

人生設計やキャリア論って、誰も教えてくれないので指針がない分考えづらいですよね。
この記事が、少しでも誰かの助けになれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。