実際に研修生が答える、ダイブマスターの仕事とは?

LINEで送る
Pocket

タオ島在住のダイブマスター研修生やういちです。

僕はダイブマスタートレーニング(通称DMT)と呼ばれる研修を受けている最中です。
この研修が終わればTが取れて、晴れてダイブマスターになるわけです。

しかし、外から見れば"ダイブマスター"とはかなり理解されずらい資格なのではないでしょうか?
そこでこの記事ではダイブマスターの資格紹介と、実際にどんな仕事が任されるのか紹介します。

 

ダイブマスターって何?

PADIやSSIなど世界に存在する各ダイビング団体が認める「プロへの最初のステップ」になります。

まず、ダイビングのプロとはなんでしょう?

ダイビングを大きく分けるとレクリエーションと職業ダイビングに分かれます。 その中でも職業ダイビングは、大きく作業潜水(海洋調査や港湾建設など)と教育指導(インストラクション、ガイド)に分けられます。 教育指導を行なうプロダイバーの活動は、水中に興味をもたれた多くの方々に様々なサポートをしています。 (PADIジャパンHPより)

簡単にまとめると、作業潜水士または指導インストラクターの事をプロと呼ぶらしいです。
そしてそのプロになるために、まず認定されなければならないのが「ダイブマスター」という事になります。

潜水やダイビングで有名な映画の一つである「海猿」では、主人公の仙崎が海上保安官になる前段階でダイブマスターの資格を持っていた事が紹介されていますね◎

ファンダイビングのガイド

ダイブマスターの仕事の大きな醍醐味と呼ばれるのがこの仕事。

簡単にまとめると、まさに「水中のツアーガイド」
ライセンスを持ったダイバーたちの先頭を泳ぎ、楽しいポイントに連れて行き、海の生物を紹介し、安全にダイビングを終える...
と言った様な、ファンダイビングの一連の流れを引っ張っていくダイバーの中のリーダーの様な仕事です。

インストラクターのアシスタント

ライセンス取得コースを主催したり、ファンダイブコースを主催するインストラクターのアシスタントのお仕事です。

インストラクターの数が多い場合、ダイブマスターのメインの仕事がこちらになります。

内容は、基本的にインストラクターのお手伝い。
機材の準備からインストラクターの目が届かない生徒のサポートなど。

ダイブマスターを取得する意味

ただ、ダイブマスターを取得したからと行ってすぐに仕事があるわけではありません。
ほとんどのショップがインストラクター、つまりプロを求めているのが現状です。さらにインストラクターはダイブマスターの仕事の全てをこなせてしまうので、インストラクターを採用するメリットの方が圧倒的に大きいのです。

それではダイブマスターを取得する意味はいったいどこにあるのか?

一番大きな意味合いとしては「プロになるためのステップ」としての意味合いです。
現に僕もインストラクターになるための登竜門として、ダイブマスターコースを現在受講しています。

では、プロを目指さない人にとって、ダイブマスターは意味がないのか?

これは個人の価値観にもよりますが、トレーニング中の僕の感想としては「そんな事ない!」と感じます。

まず一番のメリットとしは
「ダイブマスタートレーニング中はダイビングし放題」
という事だと思います。現に、多くの欧米人バックパッカーはこのためにダイブマスタートレーニングを受講しています。

ダイビング自体が安くても1本3000円ほど、日本国内だと7000円ほどするスポーツです。
それを約15万円で約2ヶ月間何本でも潜れる!というのは実際コストパフォーマンス的にもとってもお得。
欧米人の同期はほとんどこのメリットの為にトレーニングを受ける為、学というより"楽しむ"事に重きを置いている人が多いのも一つの特徴です。

また他のメリットとして「ダイバーとしての知識・経験」が挙げられます。
コース期間中に50〜100本程の経験が最低でも、しかも連続して得られる為経験が格段に増えます。
また分厚いテキストで勉強しなければならないため、もちろん知識も増えます。

知識や経験があるからといって、なんの意味があるのか?と思う方もいるかもしれませんが、そこはもう個人の価値観の世界です。
たとえお金にならなくとも、その知識を使って仕事をしなくとも、個人の人生がそれで豊かになるのであれば大きな意味があると思います。

まとめ

名前からだと推測しずらダイブマスターの仕事や意味合い、少しは説明できたでしょうか?
ダイブマスタートレーニングから得られるものは、人によって様々です。
プロを目指す人はもちろん受講しなければなりませんが、そうでない人たちにとっても人生で大きな経験を授けてくれるトレーニングです。

学生の間の休みの期間、仕事と仕事の合間、長期旅行のついで...
人生の中で長期的に時間が取れる期間はいくつかあると思いますが、ダイブマスタートレーニングも選択肢の一つとして是非検討してみてください。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。