アラブの世界一豪華なモスク「シェイク・ザイード・グランドモスク」で写真を撮ろう!

LINEで送る
Pocket

モスクといえばインドのタージマハルが有名ですね。

実はインドでなくてもイスラム教徒がいる国ではモスクは沢山あります。

その数あるモスクの中でも、実はアラブ首長国連邦の首都アブダビに「世界一豪華なモスク」と言われるモスクがあるのをご存知でしたか?

出典 進め!中東探検隊

こちらがそのシェイク・ザイード・グランドモスク!

この美しいシンメトリーと真っ白の建築、そして床や壁面に施されたアートから「写真映えする!」との事で、日本人の旅行者が急増しているそうです。

シェイク・ザイード・グランドモスクとは?

アラブ首長国連邦の首都アブダビに存在するこのモスク。
実はこのモスク、アラブ首長国連邦建国の父であるシェイク・ザイードのお墓なんです。

当時のお金で約550億円もの大金を使って建設されたそう。
アラブの国王の名を使って立てているモスク、豪華な理由もうなずけます、、。

入場料は基本的に無料。

僕が訪れた際の営業時間は、
平日:09:00〜22:30(金曜は16:30)
ラマダン期間内:09:00〜14:00
でした。ラマダン期間は特に気をつけて!

また女性は服装制限があります。
基本的に現地でアバヤという羽織を借りられますが、万が一に備えて自分でもなるべく肌を見せない格好で行きましょう!

外装

モスクといえば、この完璧なまでのシンメトリー!
また使われている白色も眩しいほどの真っ白です。見学の際は反射する光が眩しいため、サングラス必須です。

外には水が張られています。この床のタイルの青色がモスクの白とマッチしてとっても綺麗!

この色合いだけで、とっても写真映えします。
また奥の柱に使われている金色も美しい。

この様に、柱一本づつにも装飾が施されています。

内装

エントランスと、メインのホールの二つに分かれます。
ますはエントランスへ。

床と壁一面に綺麗な花の装飾が描かれています。
ここも白い大理石が引かれていて、装飾とのコントラストが素敵でした。

シャンデリアも水色が綺麗!

次はメインのホールです。

この様に、中も美しいシンメトリー構造になっています。
シャンデリアにはスワロフスキーがふんだんに使用されて、とっても豪華な雰囲気です、、!

床は一面にペルシア絨毯が引かれています。

なんとこの絨毯、手織りの絨毯としては世界で一番の大きさなんだとか。
ここでも世界一を狙ってくるあたり、さすがアラブです、、。

アクセス

基本的には車でのアクセスのみになります。

アブダビ空港からのアクセスだと、そこからタクシーを使うのが最も良いでしょう。片道20〜30分ほどだそうです。

ドバイからのアクセスは高速バスを使用してアブダビのバスターミナルへまず向かいます。そこから同じくタクシーで行く方法が一番効率的かと思います。

一番簡単な方法としては、ツアーを自分で予約することです!
あまりバックパッカーなども訪れないアラブでは公共機関が広く発達していないため、自力で行こうとすると逆に時間とお金を使う事にもなりかねません。

まとめ

いかがでしたか?

ヨーロッパに行く際のアブダビトランジットの隙間時間、またはドバイ旅行のついでに行くのが一番おすすめです◎

ここで写真を撮ってインスタにアップすれば、友人も注目する一枚になる事間違いなし!

是非自慢の一枚を撮影しに、足を運んでみてください。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。