ダイビング初心者におすすめのフィンまとめ【現役イントラが選ぶ】

LINEで送る
Pocket

海外ノマドダイバーのやういちです。

「初めてフィンを買おうと思うんだけど、何買えばいいんだろう...」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

僕はメキシコ・タイの2ヶ国でダイビングインストラクターとして活動してきた中で、初心者からプロまで沢山のダイバーに会ってきました。

その経験を元に、この記事では「初心者にオススメのダイビング用フィン」を僕が選んでみました。
よければご参考にしてください。

定番のGull(ガル)

Gull ミュー

価格 12,636円 重さ ★★★☆☆
キック力 ★★★★☆ 材質  ゴム

国産ブランドであるGull(ガル)の看板商品です。
日本人ダイバーの中で不動のNo.1人気を誇るフィンです。

初心者にオススメの理由として、キック力・重さ加減が絶妙な事が挙げられます。

しなる様な弾力性を持つフィンで、キック力には高い定評が。
また重さも丁度よく、初心者にはもちろん上級者にも愛用される水中での安定感があります。

ミューのフルフットタイプ(素足で履くタイプのフィン)が人気の理由に、足へのフィット感があります。他のフィンにはない気持ちよいフィット感から「自分の足の一部の様な感覚」と表現されるほど。

ぼくも先輩のGullミューを借りて潜りましたが、一気に好きになりました...。
足をすっぽりと包み込む様な安心感と履きやすさ、そして水中での十分な推進力まで確保されているので言う事なしです。

ミューを借りてガイドした時の写真
唯一の難点をあげるとすれば、他の日本人ダイバーとめっちゃ被ります。
それもまた安心感とも言えるので、迷う人はとりあえずミュー買っておけば間違いなしです。

Gull ショートミューブーツ

Gullのミューを履くなら、このソックスは合った方が良いでしょう。

初心者の方にありがちなのが、フィン擦れです。
慣れないフィンキックで足に靴擦れが起きて、ダイビング中に激痛...なんて嫌ですよね。

それをしっかり防げるのがこのソックス型ブーツです。
ブーツタイプという選択肢もありますが、ソックスタイプの方がかさばらずに持ち運びに便利!

せっかくのダイビング旅行をフィン擦れで台無しにしない為にも、ぜひソックス型ブーツの併用をオススメします。

Gull ミューサイファー

価格 9,800円〜 重さ ★★★★☆
キック力 ★★★★☆ 材質  ゴム

こちらはミューのストラップタイプ。
素足で履くミューとは違い、ブーツの上からかかとをストラップで固定して履くタイプになります。

ミューの持つバランス感と十分なキック力はそのままなので、初心者に最適。
「ミューは好きだけど、フルフット(素足で履くタイプのフィン)はちょっとなぁ...」
という人にぴったりです。

ブーツを履くメリットとしては、フィン擦れの危険性が大幅に減ります。
また機材を背負ってから、少し歩いてからエントリーするビーチエントリー方式のダイビングポイントも世界中にあります。
そういった場所で潜る時は、ブーツの方が歩きやすくて良いでしょう。

ぼくは個人的にブーツを常に履きますが、前職は船の上で動き回る事が多い仕事でした。
今もセノーテでは器材を背負ってからエントリー口まで歩かなければならず、ブーツの方が便利が良いです。

リゾートでのボートダイブが基本ならフルフット、どんなポイントでも潜りたいダイビング好きさんはブーツが良いでしょう。

 Gull GSブーツ

こちらもミューサイファーフィンにぴったりな、同じGull(ガル)からのブーツ。

ストラップタイプのフィンを履く時は、これくらいかかとがしっかり守られているブーツの方が良いでしょう。

デザイン性抜群のMares(マレス)

Mares(マレス)  Super chanel(スーパーチャネル)

価格 約10,000円 重さ ★★★☆☆
キック力 ★★☆☆☆ 材質  プラスチック×ゴム

こちらはイタリア製の人気ブランドMares(マレス)のフィン。
Mares(マレス)は日本では少数の人にしか利用されていませんが、海外では一大人気ブランドです。

実は、このフィンは僕が初めて購入したフィン。
気に入った理由は高いデザイン性とリーズナブルな値段。
本当はQuattro(下記で紹介しているフィン)が欲しかったのですが、値段的にSuper channelへ。
ブーツが入るポケットのところからフィンのブレードが綺麗な曲線で繋がっており、足が長く綺麗に見えます。
他のガイドが水中で使っているのを見て、かっこいいなぁと思い購入を決めました。

フィン自体も軽く持ち運びがしやすいです。
かなり柔らかいフィンなのでキック力があまりありませんが、足の力が弱い女性や慣れない初心者には逆にとってもオススメです。

デザインがとっても好きだったフィン。ツアー後にセノーテに置き忘れ、誰かに盗られてしまいました...。ぜひ盗難には気をつけて下さいね。

Mares(マレス)  Avanti quattro(アバンチ クアトロ)

価格 約17,500円 重さ ★★★☆☆
キック力 ★★★★☆ 材質  プラスチック×ゴム

Mares(マレス)のフィンの中で人気No1のフィンがこのAvanti Quattro(アバンチ クアトロ)。
Quattro(クアトロ)の名称で親しまれており、欧米人ダイバーの間では全フィンの中で人気No.1。

シンプルでプロフェッショナルを感じさせるデザイン。
そして十分なキック力が人気の理由。
僕も一度使用したが、上で紹介したスーパーチャネルよりキック力が数割増している。

唯一のネックは値段。
他のフィンの2倍くらいします。
初心者の中でも「これからダイビングをがっつりやるぞ!」とやる気に満ち溢れている人にはぴったりでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事以外にも、講習を担当してくれたインストラクターや友人にもいろいろ聞いてみて下さい。

また僕に直接質問いただいても構いません。
この記事へのコメントやSNSでメッセージいただければお返事致しますので、どうぞご気軽にご連絡ください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。