キーエンスを退職して良かった事/悪かった事まとめ

LINEで送る
Pocket

本日は4月17日。

キーエンスを退職したのが3月17日なので、
1ヶ月記念日です!!

そこで勝手に、
「キーエンスを退職して1ヶ月、タオ島に来てどんな心境か?」を良かった事 / 悪かった事にまとめます。

良かった事

good

迷いがない

一番はこれです。
これだけで、この道を選んで良かったと言っても過言ではない。

サラリーマン時代は迷いの多い日々でした。
これがやりたい仕事なのか?興味もないのに?なぜやり続けているのか?会社の方針に全く賛成できないのになぜ従う?なぜ共感できない人々とここまで関わらなければならない?
答えのない質問と毎日毎日格闘する事が、一番ストレスでした。

その答えに全て素直に答えて導いた結果に生きている今、とっても気持ちいい!
ふと辛い事があっても、
「これは俺が選んだ道で、俺にはこれしかない!頑張ろう!」
と思える事がとても幸せです。

そもそもなんで前職でそんな道を選んでいるのか?と言う点はあると思いますが、完全に内定取得時と入社時で自分の人生に大きな変化がありすぎましたね、、。

仕事とプライベートの融合

これは、まだ始めて1週間なので正直なんとも言えません笑
ですが現状は、この仕事こそ僕がお金を払ってでももやりたい事です。

なので、仕事中に自分を徹底的に殺したりする必要がありません。
むしろ、"仕事もプライベートの一環だ"だと言うような感覚です。

この感覚が長続きさせられるように、毎日を意識的に楽しんでいこうと思います。

好きな場所に暮らせる

これがとても大きい。
キーエンス時代の僕のストレスの原因の半分は、"日本の宇都宮在住"という事によって引き起こされていました。

まずは花粉です。花粉だけで生きる気力を失うレベルでした。
花粉の季節だねーなんて言って昔は諦めていましたが、海外に暮らせる様になり花粉のない世界を知った今、日本の花粉のきせつに日本で暮らすなんでありえません。

そして寒さです。寒いと全てが嫌になります。
宇都宮はかなり寒かったです。雪がない分少しマシでしたが、寒い朝の通勤なんてほぼ拷問でした。

最後に、宇都宮という町のつまらなさですね。
あの町は本当になんにもない!!!宇都宮出身の方、宇都宮お住いのかたごめんなさい!!
地元の人は、もちろん好きな人や馴染みの場所があって良いと思います。
ただよそ者には本当になんにも面白みのない町だと、僕は強く思います!!!笑 宇都宮ごめんなさい!!キャバクラ嫌いな僕ですが、同期と遊んだキャバクラだけがいい思い出です!

上記3つを全てクリアした今、とてつもなく幸せです。

方向性が同じ人に、少しづつ出会える

自分の気持ちに素直に生きていると、同じ方向の人を引き寄せる。

なんて誰かが言っていましたが、少しづついい出会いも生まれてきています。
先日もゲストハウスであったスペインのヨガ先生から、日本人が営むタオ島のco-working spaceを教えてもらいました。

どんどん良い出会いを広げていきたいです。

プライベート時間の豊富さ

これも今だけかもしれませんが、仕事以外の時間が確実に増えました。
そしてその時間を使って、こうやって新しいことを勉強して、新しいことを始めることができています。

ずっと会社の仕事ばっかりだと、ある意味会社の方向性でしか自分を成長させられません。方向が完全一致していればいいのですが、会社は仕事をする場所なので自分の勉強や学び最優先ではありません。

自分の学びを行う時間がこんなにも大切な事に気付けただけでも、大きな財産です。

キャリアトレック

悪かった事

bad

金が減る一方

どんどん貯金が減っていきます、、。
予想外の出費ももちろんあります。
自分の予算計画をエクセルかなんかでまとめて、コントロールしていこうかと考えています。が、怖くてできていません、、。頑張って現実を見なければ、、。

贅沢を控える

僕はいま、家賃一月20000円程のエアコンもないドミトリーの一角に住み続けています。シャワーも水しかありません。プライベートもありません。

ご飯も、一番安いパッタイかチャーハンしか食べません。
とにかく安いものしか食べません。バナナとか、セブンの100円パン食べまくってます。

だいたい1日の食費が1000円以下になるように暮らしています。

未だ日本人コミュニテイが基本

これもまだまだ頑張れる所。
僕の目標は、人種関係なく気持ち良いオープンな友人の関係の中で暮らす事です。いろんな国の友人をゲストハウスで作って遊んだりしますが、みんなバックパッカーなのでいなくなっちゃいます。

これから頑張るぞー!

そもそも友達がいない

先ほどと同じ、友達できてもみんな移動しちゃいます。
これからco-working spaceなんかを使って、島内のコミュニティを気付けたらいいな。

彼女とかどうすんの!?

これです。
まずそもそも友達がいません。お客さんによく聞かれますが、僕もどうすればいいか知りたいです。頑張ります。

 

まとめ

まだまだ始まったばかりなので、これから色々変わっていくでしょう。
ただ現状見えているこの悪い事、全て予想の範囲内であり、全て僕には問題ないと思っての選択です。なので正直そんなに悪くない。むしろ楽しんでいる。

これからどうやって人の輪を広げていくか、どうやってダイビングの仕事を得るか、どうやってダイビング以外でも自分の仕事を生み出すか。

これを乗り切った先の自分がとても楽しみです。
もしかしたらまた日本に帰ってサラリーマンを挟むかもしれないですし、途中で本当にこの生活が嫌になるかもしれない。

そしたらその時でまた考えて、日々困難も楽しんでいきたいと思います。

キャリアトレック

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。