SNSの流行から見る動画の可能性

LINEで送る
Pocket

僕はフェイスブック中毒者です。
暇な時はフェイスブックを無駄に開いて、フィードに流れてくる物を適当に流し読み。多くの貴重な時間を無駄にしてきました。

ただ最近、フェイスブックで明らかに前と違う点があります。
「おもしろいコンテンツは全部動画だ」
という事です。

昔フェイスブックを使ってた時、個人同士がいろんな文章を投稿したり写真を投稿していました。
それが今では個人間同士のやりとりが失われ。
各企業が作成したFBチャンネルが動画を流して、そこにCMがついてきて...
まるでテレビじゃん。
と思う今日この頃。

昔から怠惰且つミーハーな僕は、多くの時間を携帯に費やしてきました。
しかし同じ携帯いじりに費やす時間でも、なんのコンテンツに費やしてきたのか?というのは大きく変わりました。

昔を振り返って
当時流行ったSNS / 消費されたコンテンツ
を振り返ってみました。

中学時代(2005-2008)
email→前略プロフ
文章のみ。写真はプロフィールのプリクラだけ。


基本文字。
最初はSNSなんてなかったから、emailがすべてのコミュニケーション手段でした。
写真は容量が大きすぎてemailではほとんど使わない。
前略には少しあげていた。プリクラや学校生活の様子を少しあげるくらい。

高校時代(2008-2011)
前略プロフ→mixi
日記投稿中心。写真も増える


mixiになって写真が増えた。
学校生活やプライベートの写真。プリクラなど。
ただやっぱり文字中心。日記投稿がとにかくおおい。
動画は全くなし。

大学時代(2011-2016)
mixi→facebook / twitter → instagram / snapchat
日記投稿→つぶやき
文章の付属としての写真→写真単体→動画

大学2年(2012)くらいまでmixiまだやってる人いたなぁ。

サークルの勧誘で死ぬほど使った覚えが。
facebookもmixiの代わりみたいな使い方してた。みんな日記投稿。
でも、mixiの時よりは日記が減り、代わりに写真だけ投稿する人が増えた。
アルバム的な使い方。

そしてtwitterが流行った。
日記投稿がつぶやき投稿になり、格段に短くなった。
もっと流し読みできるようになった。

その後はinstagramをみんな使い始めた。
facebookの時みたいにアルバム仕様じゃなく、お気に入りの一枚だけを投稿するようになった。
これも文章が辿った流れと一緒で、短縮化され流し読みできるようになった。

そして今。
instagram人気コンテンツは変わらないが、今度はstory機能が一番人気である。
snapchatも流行っていたが、storyの方が今は勢いがある。
動画といえばYoutube。高校の時から延々と皆使っている。
ただしyoutube動画は長い。mixiの日記投稿みたいな物で、読むのに労力がいる。
それが今やっと通信関係も追いついてきて、「流し読みできる動画」の時代がきているのかなぁと感じます。

じゃあどうしよう

完全に僕の感覚ですが、
文章→写真→動画
重い内容→簡単に、流し読みできる物へ
の流れを感じます。

そしたら次は簡単に流し読みできる動画の時代。
まさに今流行り始めているところ。海外メディアなんかチェックしてると、ネット記事も動画風に作られていたり、記事に動画も同時に載っていたりします。
今はBtoCが中心ですが、Vloggerなんかに代表されるようにCtoCも少しづつ流行り始めています。

僕は今、ブログ・TABIPPOを通して記事を書いています。
でも記事なんて見るのに時間もかかるし読む労力がいる。
さらっと見れて、かっこよくて、楽しくて、イケてる。
そして内容がインスパイアリングでおもしろい動画を個人で作れたらいいなぁ。
なんて考えているところです。

とりあえず久々にコンデジ引っ張ってきて見ました。
携帯壊れているので。
はやく行動に移しましょう。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。