【キーエンス退職】年収600万減ると生活はどう変わるのか

LINEで送る
Pocket

年収が減るのって、なんか怖いですよね。
僕もキーエンスを辞める時「ダイバー 年収」とかでググって戦慄してました。
もはや、東京近辺で暮らしてると年収=自分の戦闘力みたいな所ありますからね

多くの人が"自分のやりたい事"に一歩踏み出せない理由の一つに年収があると思います。
僕は一気に年収600万近いダウンを経験してしまった稀有な存在であるんじゃないかと思うので、そんな年収落ちたら日々の生活にどう影響あるのかこの記事で紹介していきます。

日々の小銭をすごく意識する様になる

お金があった時は、とにかく細かいお金を全く気にしていませんでした。
例えばコンビニでどうでも良いものに費やす1000円とか、水道代がいくらだとか、昼ご飯代が500円か800円か...
とにかく日常の活動から生まれるコストすべてに鈍感でした。
毎日忙しくて余裕が無く、且つ自分は稼いでるという意識から無駄遣いもある程度許容していました。

それが今では、お金を払うすべての瞬間で「これは必要か?」「これより安い方法はないか?」
なんて考える様になりました。
ちょっと高い飯を頼んでしまった時の後悔だったり、ちょっと必要な物を買うのに躊躇してしまったり、時間をかけて価格を吟味する必要があったり。
最初のうちはこれがかなりストレスでした。
自分が貧乏になった事を少し後悔する事もありました。

しかし、時間と共にある程度慣れます
どれくらいの値段が今の生活で"高い"に分類されて、この出費は許容範囲と認められるなぁって感覚が、なんとなく身についてきました。

しかもこのすべての出費に敏感になる感覚って、人生において重要だと思うんですよね。どこかの本で読みましたが、お金持ちの人々は如何に金を稼ぐかより如何に金を払わないかを意識しているとか。

これから自分が一生このままであろうと、また稼ぎ始めようと、この感覚を大切にしていけば今まで以上に出費を上手く削減できます。
まぁ多くの人が持ってて当たり前の感覚かもしれませんが、自分は今ある意味いい勉強になってると思います。

キャリアトレック

毎月の予算を立てて、出費を管理する様になる

お金がないと、日々結構な不安に襲われます。
おれ今日使いすぎじゃね?あれ、今の買い物って今必要だった?おれ、このままお金使いすぎちゃって一文無しになって強制帰国じゃね?
特に最初の頃、こんな不安に押しつぶされそうになって結構ストレスでした。

これの一番の解決策が、毎月の予算を決めてその中で生活する事です。
非常に当然の事ですが僕はそんな事人生でした事ありませんでした。
これをしっかり決めてからは、口座を見るたびに震える必要もなくなりましたし、自分が使いすぎているかどうか等一目瞭然です。

このスキル自体もまた、人生に置いて重要なスキルだと感じています。
なんと無く金を使うんじゃ無くて、計画的に使う。
僕の財布事情が今後どう変わろうとも、これからも継続して行くつもりです。

どうやったら更に稼げるか日々考える様になる

もう半分ヤケでありとあらゆる方法で稼いでやるよ、とハングリー精神が強烈に発揮されます。
会社を辞めるまではTABIPPOでライターやるなんて思っても見なかったですし、こうやってブログ発信も結局やるとは思っていませんでした。
その活動の中で自然と学ぶ事も多く、まさにハングリー精神が自然と僕にwebライティングスキルを上達させてくれています。

ダイバーとしてもタオ島日本人マーケットで今食べていく事が難しいので、これからは一旦フリーランスダイバーとして働くつもりです。
しかも確実に英語を使って仕事をする必要が出てきます。
フリーランスとして働くというのも、数々の難題が待ち受けているでしょうがきっと学ぶ事も多い。

サラリーマン時代は会社が会社に必要な事を学ばせてくれましたが、フリーになるとすべて自分が考えて動かなければなりません。
この状況から、自分の稼ぎを十分に増やす事ができれば僕はどこへ行っても生きていけるぞ!と大きな自信に繋がる気がしています。

まとめ

年収600万も減ると、確かにストレスな事も結構あります。
しかしそのストレスからは今後の人生をより良い物にする為の大きな学びが詰まっていました。
きっと多くの人にとっても何かの挑戦の際には年収ダウンが付き物です。
しかし、そのデメリットばかりに目を向けるのではなくメリットにも目を向けて見てください。
そこから学ぶ事こそが、やりたい事を本当に成就させるきっかけにもなるかもしれません。

時間がない
時間がない
LINEで送る
Pocket

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。