東京から2時間!韓国のビーチリゾート「釜山」の魅力4選

LINEで送る
Pocket

韓国旅行といえばソウルで買い物、食べ歩き、ナイトライフも満喫、、、と言うのが定番かと思います。

ですが今回は韓国でビーチ!お酒!スパや文化遺産なんかが楽しめちゃう「釜山」の魅力を4つご紹介いたします。

海雲台ビーチ

出典 imagine your korea

まずは釜山の一番の有名観光スポットの海雲台(ヘウンデ)ビーチです!
上の写真は夜のビーチの様子ですが、僕個人としては夜を強くおすすめします。

実はこのビーチ、特に海が綺麗だったりヤシの木が綺麗、、って訳でもないんです。なので今まで特にメディアで取り上げられる事も少ないビーチでした。

しかし、夜になると一変。
ビーチではフリーのライブが至る所で行われており、お酒を片手に音楽を楽しめます。
ビーチバーも盛り上がっており、欧米人も多く雰囲気も◎

一番お勧めしたいのは、ビーチと都会が融合したこの写真の景色!
どこか香港や横浜を思い出すような、とっても素敵な雰囲気です。

甘川文化村

"釜山のマチュピチュ"
なんて呼ばれ方もするのが、この甘川文化村です。

ここは元々スラムの様な村だったのですが、2009年から始まった村再生プロジェクトによって"アートと暮らしの融合"を実現した村です。

村の中に入っていくと、この様なアートを至る所で見る事ができます。

坂が多いため、ハイキングをしている様な感覚で村を回れます。
カフェも沢山あるため、ひと休みするポイントも沢山◎

こんな感じの写真スポットも沢山あるので、写真好きの方には特にお勧めです!

スパランド

海雲台地区の新世界百貨店にオープンしたスパです。
いわゆるチムジルバンという、服を着たまま入るサウナや温泉、食事処が一緒になった施設です。
日本のラクーアや健康ランドに似た雰囲気。

まず料金が何時間いても1300円と、めちゃめちゃお得!

それでいて、施設はとっても充実しています。

まずは大浴場で温泉を楽しみます。
その後、館内着に着替えて各スパを楽しみます。

例えばここは、王室の間を表現したサウナです。
こんな感じの服を着て、中で温まりながらくつろげます。

こちらはピラミッドを意識したサウナ。
合計で20近くある部屋にそれぞれコンセプトがついていて、回るだけでもとっても面白い!

また他にも、マッサージや食事処や休憩所なんかもあり、旅の疲れを癒すには最高のスポットです。

龍宮寺(ヨングンサ)

こちらは韓国のお寺です。

なんと海の目の前に建てられたお寺なんです!
岩場のため、荒々しい海の雰囲気とお寺がとってもマッチしていて、中々日本には無い雰囲気◎

お寺の上からの眺めもとってもいい!

また韓国のお寺に共通する事ですが、デザインが日本とはまるで違います。
この様に、パステルカラーの様な赤と緑を使用した独特なデザインです。

是非韓国のお寺に行った際にはチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

東京から2時間で着く近場の割に、楽しめるポイントが沢山!
週末の小旅行なんかにとってもお勧めです。
僕はソウルにも行きましたが、個人的には釜山の方が圧勝です、、

是非一度は足を運んでみてください◎

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。